インフルエンザの予防接種はなぜ効く?

インフルエンザの予防接種は、インフルエンザにかかって重症化してしまうことを阻止することが出来るを有効な方法です。
では、なぜ予防接種は有効なのでしょうか。
それは、体内で抗体を作らせることが出来るからです。人間の体の仕組みとして、外部から有害なウイルスなどが入ってきた時に、それを攻撃して排除するというものがあります。
インフルエンザウイルスに対しても同じ働きをしますが、インフルエンザウイルスは毎年、変化してしまうために去年感染して出来た抗体では対処することが出来ます。
なので、今年流行しそうな型に合わせたワクチンを注射することで、流行する前に抗体を作らせて、実際に流行った時にウイルスから体を守れるようにするというわけです。
勘違いをしている人が少なくありませんが、インフルエンザの予防注射をすると、インフルエンザに感染しないということではありません。
感染した時に重症化しないような効果があるということで有効なのです。
なので、予防注射を打ったとしても、不摂生な生活をしていて体力が落ちている時に感染してしまえば、体の抵抗力も落ちてしまうので、せっかく予防接種をしたのに重症化してしまうということもあるので、予防接種だけに頼るのではなく、うがい、手洗いをしっかりする、睡眠をしっかり取るといったことも必要です。
また、予防接種は二度行うと、更に効果が出ると言われています。
それは、ウイルスに対する抗体が出来てから、それが有効に働く期間が長くなるからです。
予防接種をしなくても、感染しない人もたくさんいますが、もし感染して発症した場合、一週間程度は会社や学校を休まないといけなくなることから考えれば、3000円程度のお金を払って予防注射を打ってもらった方が安心と言えるでしょう。

インフルエンザ 予防薬はネットで購入できます!

ページトップへ